地熱発電って何?

地熱発電は地中深くから得られる蒸気でタービンを回し発電する方法です。
地中が深くになるに連れ温度は高くなり、深さ50km前後になると温度は1000度前後にまでなると考えられています。
太陽光発電や風力発電などに比べるとまだまだメジャーとは言えない発電方法ですが、水力発電同様に純国産エネルギー資源になり得る可能性が高いと言われています。
地熱は火山活動があるところで生じやすく、東北地方や九州地方に地熱発電所が設置されています。
地熱発電は蒸気を発生させますが化石燃料を使用しませんので、二酸化炭素の排出量が少ないというメリットが有ります。
火力発電は化石燃料を燃焼させるため二酸化炭素を排出しますが、地熱発電は化石燃料を使用せず蒸気を発生させることが出来ます。
日本には火山が多くあるため、大電力を生み出せる可能性が高いというのもメリットの一つと言えるでしょう。
また地熱発電には燃料が不要であること、純国産エネルギーであるため輸入に頼ることがないので半永久的に安定して利用することが出来ます。
地熱発電には様々なメリットが有るにも関わらず日本では殆ど普及していません。
理由としては温泉や温泉地の景観への影響、国や地元行政からの支援が乏しいこと、実際に発電が始まるまでに時間がかかるといった問題点があるからです。
地熱発電の候補地の殆どが温泉地周辺や国立公園に指定されており、地理的な問題を理由に普及していないのです。http://土地付きの太陽光発電.jp/