火力発電とは?

火力発電は石油や石炭を燃焼させ水を熱し、それによって生じた蒸気でタービンを回転させて発電します。
日本には太陽光発電、水力発電、風力発電、原子力発電など様々なエネルギーを活用して発電していますが、その中でも最も多くの電力を生み出しているのが火力発電です。
実に7割前後の発電をこの火力発電に頼っています。
化石燃料で熱エネルギーを生み出すため燃料の量を変えることで発電量を調整することが可能です。
従来は石油を使用していましたが、中東の不安定な情勢が原因による石油価格の高騰で天然ガスや石炭を使用することが多くなりました。
火力発電のメリットは発電効率が良いこと、発電量の調整が簡単で扱いやすいこと、万一事故が起きても局所的な被害に留めることが出来る点などが挙げられます。
逆にデメリットは、大量の化石燃料を必要とすること、収益の悪化の可能性、地球温暖化・環境破壊の原因である二酸化炭素や硫黄酸化物等を大量に排出してしまうこと、
火力発電は日本にの電力発電には欠かすことのできないものですが、二酸化炭素の排出が懸念されており新しく火力発電所を造ることに反対する住民が非常に多いです。
どうしても火を使用しますので二酸化炭素の排出を全くゼロにするということは出きません。
しかし最近は天然ガスを燃料として使用していることもあり、以前に比べて二酸化炭素の排出量は減ってきています。42円物件の購入方法は?